「中学聖日記」最終回は悲劇的結末に? ハッピーエンド期待の声殺到「2人の子供見たい!!」

2018年12月18日 14時29分

いよいよ最終回

 女優・有村架純(25)が17日、インスタグラムを更新。18日に最終回を迎える主演ドラマ「中学聖日記」(TBS系)についてコメントした。

「中学聖日記が最終回となります。皆様の毎週の楽しみとして、作品をご覧になってくれていたのなら、本当に幸せです。最終回、是非(^^)」と短い言葉の中に、感謝の思いをちりばめた。

 有村が演じる女性教師(末永聖)と、その教え子(黒岩晶=岡田健史)の禁断の恋を描き、最終回ではついにその結末が描かれる。

 現実では許されない恋で悲劇的結末も想定される中、すでに「聖ロス」になりかけている視聴者からは

「聖ちゃんと黒岩くんがハッピーエンドで終わりますように」

「晶くんの恋の行方はどうなってしまうの?ハッピーエンドで終わって欲しい」

「悲しいエンディングはイヤよ」

「せめて、二人を幸せにしてほしい…。そう強く思います」

「2人の子供見たい!!」

 などとハッピーエンドを望む声が多数寄せられている。一方、番組の公式インスタグラムではこうした反応が織り込み済みであるかのように「まさかの展開」と意味深に予告した。