高須院長 南青山の暴走住民の品格を問う「この人たちはセレブのつもり?」

2018年12月17日 15時56分

セレブとは!?

 高須クリニックの高須克弥院長(73)が17日、ツイッターを更新。東京・港区南青山の児童相談所建設問題について言及した。

 この問題は児相の建設を巡り、ブランドイメージが落ちるなどとして住民が猛反発。説明会が大混乱となっている。

 担当者に対し、住民が怒声を張り上げる様子がワイドショーなどで繰り返し放送され、逆に同エリアの品格に疑問符が付く事態になっている。
 
 高須院長はモラルを失った一部住民の言動に対し「この人たちはセレブのつもりかな? やせ我慢のできる品格のある恥を知る特権階級がセレブと僕は思っていたのですが違ってますか?」と資質を疑問視。

「恵まれない隣人に優しくできるのはセレブの誇りだよ。優しくしてあげなよ」と諭すようにツイートした。