疑り深い?関西人が「UFO検証&催眠術」イベントで体験した真実

2018年12月17日 16時30分

横山が撮影に成功したUFOの写真

 大阪・ミナミのディスコ「マハラジャミナミ」で16日、「オトナの夜会2018」と題したイベントが開催され、UFOの検証、ゲスト出演した財団法人日本催眠術協会理事の川上剛史氏による催眠術などが披露された。

 イベントは、UFOアソシエーション会長でDJ協会会長のミスターキャロ氏が主催。大都会にUFOを召喚して撮影を試みる「道頓堀UFO撮影会」で撮影されたUFOの検証が行われ、本紙でもおなじみのUFOコンタクティ・武良信行氏が駆けつけた。

 大型モニターにUFOとおぼしき映像が映し出されると、来場者からは「おぉーー」「ホンマにUFOなん?」などと声が上がったが、武良氏は過去の経験を踏まえ「これらの映像に映っているものは、すべてUFOとみて間違いないでしょう」と太鼓判を押した。

 ゲスト出演したベテラン漫才師・横山ひろし(71)は、十数年前に自宅のベランダから撮影したというUFOの写真を公開。「1キロも離れてないくらいの所に、50メートルはありそうな大きなグレーっぽい物体がフワフワと飛んでいたんです。飛行船かなと思ったんですが、人の乗る部分がないので妻に写真を撮ってもらいました。芸人仲間や会社の人に話しても信じてくれないから、封印しておりましたが、矢追純一さんに送ったら『間違いなくUFOです』と、おっしゃってくれました」と説明した。

 一方、「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)で、出川哲朗や鈴木奈々に催眠術をかけたことで知られる川上氏が「催眠術にかかりたい人!」と呼びかけると「ヤラセなんちゃうのん?」という疑り深い関西人が集結。川上氏は次々と催眠術をかけた。

 催眠にかかった女性の口に「生クリームの味がします」と練りわさび一本を投入すると、周囲の悲鳴をよそに女性は「全然辛くない」。催眠を解かれた後には予想通りの“惨劇”に見舞われ、笑いを誘った。

 イベント終了後、キャロ氏は「見てもらったのがすべて。UFOも催眠も本物で、ニセモノはない。これからもUFO召喚イベントを続けていきますよ」と力強く語った。