【THE W】第2代女王「阿佐ヶ谷姉妹」歓喜の会見「フワフワしてる状態でございます」

2018年12月11日 01時10分

「阿佐ヶ谷姉妹」の木村美穂(左)と渡辺江里子

「女芸人No.1決定戦 THE W」の決勝戦が10日、都内で行われ、「阿佐ヶ谷姉妹」(木村美穂=45、渡辺江里子=46)が第2代女王に輝き、賞金1000万円と大会を生放送した日本テレビの「100%券」(日テレ系レギュラー番組の中から視聴率合計100%分の番組に出演できる)と「冠番組」を手にした。

 渡辺は目に涙をためて「夢のよう。(ネタを)2本できただけでも幸せだったところ、横澤さんと横並びになった。この先、死んでしまうんじゃないかというくらい、まだ夢見心地な気持ち。まだまだ通過点だと思っているので、精進してまいります」と語った。

 木村は1本目のネタを振り返り「緊張して終わったなと思ったけど、2本目ができてすごく良かったなと思う。四十路で話題性がないなと思った。フワフワしてる状態でございます」とジョークで笑わせた。

 冠番組については、渡辺は「家族の了解が得られたら、家族旅行の旅をドキュメンタリーでやっていただけたら」と話し、木村は「ゼリーが好きなので、ゼリーの番組を作れたら」と語った。

 視聴率100%分まで好きな番組出られる権利について、木村は「『news every.』の、そらジローと木原(実)さんの天気予報に出たい」と笑みを浮かべた。