土屋太鳳 バスケ強豪校とフリースロー対決で完敗「ピンチに強い」と脱帽

2018年12月10日 19時39分

左から小関裕太、土屋太鳳、北村匠海

 女優・土屋太鳳(23)が10日、東京・目黒区の八雲学園中学校高等学校で行われた映画「春待つ僕ら」(14日公開)の同校女子バスケットボール部激励イベントに、共演の北村匠海(21)、小関裕太(23)と出席した。

「春待つ僕ら」はバスケをテーマに展開する青春映画で、土屋は主演を務める。一方、八雲学園は女子バスケ部の強豪として知られ、今年のアジア大会3人制バスケットボール日本代表に選ばれ、銀メダルを獲得した奥山理々嘉選手も在籍。同校は23~29日に行われるウインターカップ(全国高等学校バスケットボール選手権大会)で優勝を目指し、練習に励んでいる。

 イベントでは土屋ら3人が、女子バスケ部員とフリースローで対決したが、3人全員が決めた同校に対し、土屋らは3人とも失敗。最後に土屋が〝泣きの1回〟でチャレンジしたが、これも決めることができなかった。

 完敗した3人は、部員全員に特製のリストバンドをプレゼント。土屋が「ピンチに強い。勝つ力を持ってるなと思いました」と話すと、奥山選手は「ウインターカップの優勝をプレゼントしたい」と3人に誓った。