福田こうへい「声はバンバン出せる」 急性胃粘膜病変から完全復活アピール

2018年12月10日 18時11分

元気な姿を見せた福田こうへい

 胃と食道の接合部が裂けて吐血し、入院した演歌歌手・福田こうへい(42)が10日、都内で全国ツアーの東京公演を行った。

 先月23日の福島公演で、昼の部終了後に吐血。夜の部を中止し救急搬送された。検査の結果、胃と食道の接合部付近に亀裂があることが分かり、止血剤や点滴でも症状は改善せず、急きょクリップで止血する応急処置を行った。

 先月25日には「NHKのど自慢」に生出演したが、その後に在住している盛岡市に戻り入院。「急性胃粘膜病変にともなう黒色吐物」と診断された。この日は、復帰後初めて一般のファンを前に歌を披露。「完全復活です。声はバンバン出せる」と元気な姿をアピールした。

 救急搬送された際を振り返り「1回目の公演を終え、水分をけっこう取って飲みすぎた感があった。吐いたら茶色い血が混じっていた。量は、コップをちょっとこぼしたかなというくらいだった」。医師からは「無理な発声はしないように」と言われたそうで「激しい腹式呼吸で歌うので、それが原因なのかもしれない」と語った。

 延期となった公演もあり、ファンに「歌えないもどかしさというか、心配をかけて申し訳ない」と謝罪。落選した大みそかの「第69回NHK紅白歌合戦」については「残念。選んでもらうための努力をしていきたい。大みそかは久々に家族と過ごせるかなと思う」と語った。