「FANTASTICS」ファンの心をがっちりつかんだ“夢者修行”

2018年12月10日 16時30分

新曲リリースイベントを行った「FANTASTICS」

 今月5日に「OVER DRIVE」でデビューしたばかりのダンスボーカルユニット「FANTASTICS」が9日、東京・お台場で新曲リリースイベントを行った。

 EXILE一族のFANTASTICSは集結した3000人の大歓声を受け「OVER DRIVE」はもちろん「WHAT A WONDER」など3曲をパフォーマンスした。リーダーの世界(27)は「すごくたくさんの方に集まっていただいて、光栄です。EXILE TRIBE(一族)として責任と自覚を持って頑張っていきたい」と力を込めた。

 FANTASTICSは2016年にパフォーマーだけのダンサーグループとして結成。昨年末にオーディションで八木勇征(21)、中島颯太(19)という2人のボーカルが加入した。結成からの2年間で2度にわたり「夢者(むしゃ)修行」と名づけられたフリーライブツアーを全国各地で行い、合計約10万人以上を動員した。「すでに多くのファンを獲得しており、満を持してのデビューとなった。デビューシングルの売れ行きも好調。19年のブレーク間違いなしと言われている」と音楽関係者。

 デビューにあたって注目度は高く先週、日本テレビ系情報番組「スッキリ」に生出演。同じくリーダーの佐藤大樹(23)によれば、EXILE一族の総帥のHIROから「自分らしく等身大の姿でやれば、見ている人は感じてくれるから」とのアドバイスをもらったという。

 7月にはメンバーの中尾翔太さんが胃がんのために亡くなるという悲しい出来事もあった。佐藤は「翔太がかなえたかった夢をかなえられるように、チーム一丸となって絆を大事に頑張りたい」と話した。