須藤凜々花が都合で急きょ欠席 同じ元NMB48山田菜々が代役MC

2018年12月09日 17時05分

MCを務めたエハラマサヒロ(左)と山田菜々

 元NMB48の山田菜々(26)とピン芸人のエハラマサヒロ(36)が9日、都内で行われた、東京都と吉本の共同企画ライブ「STOP! 悪質商法 THE ライブ」でMCを務めた。

 近年、SNS等をきっかけにした若者の消費者被害が増加していることを受け、芸人たちが東京都消費生活総合センターに寄せられた若者相談に多い悪質商法(マルチ商法やキャッチセールスなど)を題材にした漫才やコントを披露し、身を守る方法をレクチャーした。

 お笑いコンビ「フルフロンタル」は、体に関する悩みなどに付け込んで割り引きを強調し即日決断を迫ったり、高額な施術の勧誘などが問題になっている「エステ・美容医療」の悪質商法に関する漫才を披露。

 山田は悪質商法に遭った経験があるそうで「脱毛サロンにお金払っていたんですけど、結局会社が倒産しちゃって。(施術を)受けられないし、お金も返ってきませんっていうはがきが届きました」と明かした。

 さらに「お金払ってるんだからしっかり返してもらいたいですね。(コントや漫才が)面白くて勉強になったので、今度はもう絶対に引っかからないぞ!」と宣言。これにエハラは「なんかホストに引っかかりそうやな…(笑い)」とジョークで笑わせた。

 なお、MCは当初、エハラと元NMB48の須藤凜々花(22)が務める予定だったが、須藤が都合により出演できなくなり、急きょ山田に変更になった。