FNS歌謡祭で実現した“32歳トリオ”に反響「顔面偏差値高すぎ!」

2018年12月06日 10時50分

インスタグラムから@ikusaburo_yamazaki_official

 5日放送のフジテレビ系「2018 FNS歌謡祭」で小池徹平(32)、山崎育三郎(32)、城田優(32)がトリオを結成し、クリスマスソングを歌い上げた。

 小池と山崎が1986年1月、城田は85年12月生まれで「32歳トリオ」となった。

 3人は同日、インスタグラムを更新し、興奮の様子を伝えている。

 小池が「同世代の32歳トリオ。これも楽し過ぎた。優は同級生、いく君は初めてだけど、すごく距離が縮まりなんていい出会いだ。今日も酒がうまい」と上機嫌でつづれば、山崎も「ホント幸せな空間でした^ ^2人が一緒で終始楽しかった」と笑顔。城田は「ただただ楽しい時間でした ちと短すぎたけど、、笑」と短時間で終わったステージを惜しんだ。

 イケメンかつ歌唱力も高い3人のパフォーマンスにインターネット上では称賛の声が殺到。

「最高すぎました」

「みんなかわいくてかっこよすぎる…」

「小池徹平山崎育三郎城田優の並び本当にただの美」

「三人とも高い歌唱力なのに、全く気取らない歌い方だから心に響く」

「小池徹平山崎育三郎城田優が並んだ時のこのなんて言うの贅沢感はんぱない」

「顔面偏差値高すぎ!」

 などの反応があった。