戸田恵梨香 19年度後期のNHK朝ドラヒロイン!「断捨離で20代のモヤモヤ晴れた」

2018年12月03日 17時30分

朝ドラヒロインに決定した戸田

 女優・戸田恵梨香(30)が3日、2019年度後期NHK連続テレビ小説「スカーレット」(2019年9月30日スタート)のヒロインに決定し、大阪市のNHK大阪放送局で行われたヒロイン発表会見に登場した。

 00年度後期の「オードリー」以来、2度目の朝ドラ出演となる戸田は、信楽焼で有名な滋賀・信楽で、男ばかりの陶芸の世界に身を投じたヒロイン・川原喜美子の波瀾万丈の人生を演じる。制作統括の内田ゆき氏によると、女性陶芸家の草分け・神山清子氏が参考になっており、戸田は15~50歳にかけてを演じるという。脚本は、フジテレビ系「夏子の酒」、日テレ系「ホタルノヒカリ」などを手掛けた水橋文美江氏(54)が務める。

 8月に30歳となった戸田は「20代にモヤモヤしていたものが、断捨離をすることで晴れました」と話した。断捨離によって、これまでの価値観を捨てて、自分の考え方の中に空間ができたのだという。そのタイミングで朝ドラの話を受け「心にすっと入ってきました。私はいつも『前進を続けたい、止まるのが怖い』という性格なんですが、1年を通して一人の女性を演じるって、止まるのではなく、ものすごく大きな進化がある。何てぜいたくな時間だろうという考えになりました。撮影は大変なこともあると思いますが、ぜいたくな時間を楽しみながら、しっかりと生きていきたい」と意気込んだ。

 断捨離のきっかけとなったのは「ある人と出会ったときに『どうしてそんなに迷っているんだ? 背負っているんだ?』」と言われたことだという。

「『あなたはもっと前に進めるはず』と言われて、私自身考えすぎていて、知らないうちに立ち止まっていたんだと気付き、断捨離をしました」と続けたが、“ある人”については語らなかった。

 撮影は10か月に及ぶ長丁場となる。戸田は「私は大体、気合で乗り越えます」とにっこり。神戸市出身とあって「関西での撮影なので、友人に力をもらいながら、おいしいご飯をたくさん食べて、共演者、スタッフの皆さんと楽しく過ごすのが一番のエネルギーになると思う。とにかく現場を楽しみたいです」と語った。

関連タグ: