パンサー 大学生の異様なノリに堪忍袋の尾切れる

2018年12月02日 21時39分

左から菅良太郎、向井慧、尾形貴弘

 お笑いトリオ「パンサー」(菅良太郎=36、向井慧=32、尾形貴弘=41)が2日、都内で行われた「AGESTOCK2018」で、参加した学生たちのノリに苦慮しながらもMCを務め上げた。

「AGESTOCK」は学生団体が主催するイベントで、各大学のミスター&ミスコンテスト優勝者らが集まって日本一を決めるなど〝大学の垣根を越えた学園祭〟だ。

 そのMCを務めたのがパンサーだったが、登場時こそ「盛り上がっていくぞ~!」(尾形)とあおったものの、客席の異様なノリを見ると、すぐさま向井が「長時間のイベントなのに、みんな大丈夫か!?」と心配するほどだ。

 その後もパンサーのMCをさえぎって客席からたびたびむちゃぶりされ、一度は尾形が乗ってみたものの「おー…って何やればいいの?」と言って困ると、向井が「一個言っとくけど(尾形は)アドリブに強い人じゃないから!」とフォローする場面もあった。

 その後も「めちゃくちゃ怖い顔で両手でF○CKってやってる人いるよ!」(菅)という異様な状況が続いたが、ついにパンサーの堪忍袋の緒が切れた。

 ミスコンの入賞者発表の静まり返ったタイミングで客席からチャチャが入った時だ。向井が「黙れ~、いま大事なとこ!」とソフトながらも怒りがにじみ出たツッコミを入れると、菅と尾形もチャチャを入れた客席に「少なくともお前じゃないからな!」。さすがのパンサーも一部の客のマナーの悪さには我慢できなかったようだ。