カニエ・ウェスト660人乗りジャンボをプライベート機に 初飛行の先は…なんと埼玉

2018年12月01日 16時30分

 ハリウッドセレブの長距離移動といえばプライベートジェットと相場が決まっているが、米ラッパー、カニエ・ウェスト(41)の場合、スケールがハンパなかった。妻でセレブタレントのキム・カーダシアン(38)が今週公開したカニエの真新しい自家用機とは、なんと2階建てのボーイング747! 通常660人乗りの“ジャンボジェット”だった。

 キムは同機をインスタグラム動画で紹介。まずは外観を撮影しながら「まぁどうってことはないけど、この自家用747で出かけるの。これがカニエの新しいスタイルよ」と説明。キャビンには特注の革張りシートがゆったりとした間隔で2席ずつ並べられ、会議室やソファが馬蹄形に置かれたラウンジがある。

 また、マスターベッドルームと複数の寝室、ダイニングエリアがレイアウトされ、2階にも円形ラウンジが。

 そのプライベート機で向かった先は、日本だった。同夫妻は、以前から交流のある現代美術家でポップアーティストの村上隆氏(56)に会うために埼玉県にある同氏のスタジオを訪ねたのだ。

 この村上氏は今年、カニエと米ラッパー、キッド・カディとのコラボレーションアルバムのデザインを担当していた。

 米芸能誌「ピープル」によると、カニエがキムと一緒に来日した目的は「建築物とインスピレーションを求めての私的な旅」だそうで、来日中は村上氏のほかにも数人の著名建築家と面会するとしている。

 一方、通常は乗員乗客約660人を収容する世界最大級のB747の内装をトータルリフォームした同機、一体どういう経緯でカニエのプライベートジェットになったのか?

 米経済誌「フォーブス」は、カニエブランドのスニーカーを販売するスポーツ用品メーカー大手、アディダスからのプレゼントだとする説と、中東の王族が所有しているものという報道を紹介。同機はまた、フォーブス誌による「世界長者番付」上位常連の米大富豪シェルドン・アデルソン氏(85)の会社名義で登録されているとも伝えた。

 機体価格やメンテナンスなど維持費用について詳細は分からないが、トップクラスのハリウッドセレブでさえB747が“マイジェット”のスターは、カニエしかいないことだけは確かだ。