前田希美が舞台に自信「絶対タオル持ってきて」

2013年03月11日 00時20分

 モデルとしても活動を行う女優の前田希美(19)が9日、都内で行われた舞台「アリスインデッドリースクールオルタナティブ」(20~24日、品川・六行会ホール)の記者発表会見に登場した。

 

 本作はフレッシュな女性、アイドルを起用する演劇カンパニー「アリスインプロジェクト」による舞台で、2010年に上演されファンから最も人気の高かった第1回舞台の再演。突如、ゾンビに支配された学校で、屋上に逃げ延びた15人の少女の姿を描く。W主演には前田とネットで人気の女子高生アイドル・なあ坊豆腐@那奈(18)を迎えたほか、斉藤雅子、加藤沙耶香らが出演する。

 

 近づく初日に向け、連日稽古が行われている。演出家の松本陽一氏は「正直もの凄く手ごたえがある。稽古が非常に順調で今は期待でわくわく。伝説に残ると思う」と自信のコメント。猛烈にプレッシャーをかけられたキャストからは悲鳴も上がった。

 

 なあ坊豆腐は仕事のためこの日の会見を急遽キャンセルしたものの、前田は「主演のボケと突っ込みで始まるんですが、私が稽古中もボケて突っ込まれました。息がぴったりです」と“相方”との仲の良さを強調。松本氏に上げられたハードルについても「私自身ももの凄く自信があります。みんなのやる気が稽古でもすごく伝わる。みなさん絶対に涙を流すと思うので絶対タオルを持って来てください」と自信の笑顔を見せていた。