戸田恵梨香破局は「蜷川監督が原因」説

2012年05月22日 12時15分

 人気女優の戸田恵梨香(23)が交際中だった俳優の綾野剛(30)と破局したことが分かった。2年前の夏に熱愛が報じられ、今年3月までは綾野が「(交際は)普通ですよ」と語るなど順調だったが一転。破局の原因には写真家としても活躍する蜷川実花監督(39)の名前が浮上している。

 戸田と親しい芸能関係者は「恵梨香ちゃんが、綾野クンとの交際に反対していた女友達に最近、頻繁に『飲みに行こう』と誘ってるんです」と最近の戸田の変化について話す。戸田は4月に公開された映画「劇場版 SPEC〜天〜」後、フジテレビ系の月9ドラマ「鍵のかかった部屋」に出演中で多忙を極めている。

 一方の綾野は今年3月、ファッションブランドの香水発売を記念した限定フォトブックの発表会で、戸田との交際について「普通ですよ」と順調交際をほのめかした。だが、その後、NHKの朝ドラ「カーネーション」で共演した尾野真千子(30)との熱愛が噂された。この時点で戸田と綾野が破局したと見るマスコミ関係者もいたが、真相は違うようだ。

「尾野と綾野は2回ドラマで共演しただけで、それ以上の関係はありません。むしろ戸田が嫉妬したのは蜷川監督なんですよ」(別の芸能関係者)

 蜷川監督といえば、沢尻エリカ(26)が過激なセックスシーンに挑戦し、バストトップも公開した話題の映画「ヘルタースケルター」(7月14日公開)の監督。もともとは写真家で知られ、以前から雑誌で綾野を見て「ぜひ撮ってみたい」とアプローチしたという。同映画で蜷川監督は綾野を沢尻の濃厚ラブシーンの相手役に抜てきした。

 綾野がこのところ公私にわたって蜷川監督と過ごす時間が多くなっていることに、戸田は不満を募らせたようだ。