• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 矢追氏「アメリカが恐竜飼育に成功」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

矢追氏「アメリカが恐竜飼育に成功」


  恐竜は今でも生きている! こう力強く断定した超常現象研究の大御所で映画「ダイナソー・プロジェクト」(16日公開)の宣伝大使・矢追純一氏(77)。衝撃インタビュー第2弾の今回は、さらなる情報が――。

 ――陸上での大型恐竜の生息が困難となると…

 矢追:翼を広げた全長が5メートル程度の翼竜なら、生存が可能だと思いますし、実際に世界各地で翼竜としか思えないUMAの目撃談も多い。私のもとにもたらされた情報では、すでに小型化した翼竜もアメリカが捕獲し、飼育に成功している可能性が極めて高いんです。

 ――本当ですか

 矢追:ええ。むしろ、生き残っていない、と考える方が不自然ですよ。小型化した翼竜に関しては、数多くの映像に捉えられているし、実際に私もビデオで何度も見たことがある。その多くがまがい物ではなく、本物の映像でした。

 ――……

 矢追: 現在でこそ、「恐竜は生きている」などと主張すると、オカルト扱いされてしまいがちですが、2000年ほど前までは世界各地で普通に生息していたと考えられるんです。その証拠も世界各地で発見されていますよ。

 ――えっ!?

 矢追:例えば、古代インカ帝国の石片です。古代マヤ人は石片に絵を描いていたのですが、数多くの小型化した恐竜が描かれているんです。マヤ人が想像力だけで描いたとは思えない。それに、ロシアの隕石墜落騒動(2月15日)でも…。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GI全日本選抜競輪】中川誠一郎が2回目のGI制覇
残り1周を果敢に逃げた中川誠一郎が、2016年4月静岡ダービー以来2回目のGI制覇を成し遂げた!

【緊急連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!