さや姉 バラエティー&ライブMC後継者に渋谷凪咲を指名

2018年11月01日 06時00分

今後について語った山本彩

 アイドルグループ「NMB48」山本彩(25)が10月31日、関西テレビのバラエティー番組「NMBとまなぶくん」の収録に参加した。

 2013年4月12日の初回放送から出演してきた山本は、11月4日にグループを卒業するため、同番組の収録も今回が最後。約5年半の番組での活躍を未公開映像を交えたVTRで振り返り、MCを務めるお笑いコンビ「かまいたち」山内健司(37)から卒業証書が授与された。

 シンガー・ソングライターとして第2の人生を歩み始める山本は収録後、今後の目標について「まずは全国ツアーをして、NMBで立ったようなステージには全部立って、アリーナツアーもやって、グループでも立てなかったんですけど、ドームとかそういう大規模な場所で、時間がかかってもライブをできるようなアーティストになりたい」。

 ビジュアル系音楽が自身のルーツというが、グループ在籍中は歌う機会もなかったので「そういうジャンルの方々にも知ってもらえるようなフェスだったりとか、イベントだったりとかにも出てみたい」とも語った。

 山本といえば、機転の利いた発言でライブやバラエティー番組を盛り上げてきたが「バラエティーやライブのMCでは、なぎちゃんが、もうめちゃくちゃ引っ張っていってくれているのは、すごい私たちも感じてますし、助かってるところなので、これからのNMBの面白い要素というかバラエティーな要素は、なぎちゃんの力がすごく大きいんじゃないかなと思いますね」と渋谷凪咲(22)に期待を寄せた。

 番組については「一番来られなくなって寂しい現場は『まなぶくん』やなってずっと思っていた」と心境を吐露。「私もメンバーではなくなるんですけど、自分でみんなに何か伝えられるものがあるなら、それを極めて講師として、この番組に携われたらいいなっていうふうに思っているので、これからもNMB48とともに私もよろしくお願いします」と話した。

 収録の模様は11月16日深夜0時57分から関西ローカルで放送される。