浅野ゆう子 豪華客船内の舞台上演に興味津々「私も立たせてもらえるかな」

2018年10月31日 16時40分

浅野ゆう子

 女優・浅野ゆう子(58)が31日、プリンセス・クルーズ「ザ・シークレット・シルク」日本上演記念イベントに出席した。

 プリンセス・クルーズは世界360の港に寄港するクルーズ会社で、この日は横浜港に停泊していた同社のダイヤモンド・プリンセス号内の劇場で上演イベントが行われた。「ザ・シークレット・シルク」は日本の昔話「鶴の恩返し」をモチーフにしたミュージカルとなっている。

 乗船し舞台を見た浅野は「ファンタジックですてきなラブストーリーで、家族の愛が描かれている。日本の昔話というより、オリエンタル、アジアのどんな国の方がご覧になっても、受け入れられるファンタジーだなと思います」と大絶賛。自身も3日から東京・明治座で舞台「魔界転生」が控えているだけに、大きな刺激となったようだ。

「航海中にパフォーマンスがあるわけじゃないですか。どんな苦心をされているのかな?」などと制作陣に質問するなど、船上での舞台ということに興味津々。さらに「今後、私も船のステージに立たせてもらえるかな」と〝志願〟した。

 舞台上演の前には、船内も見学したという。「今回初めて乗ってみて、あまりの素晴らしさに感動しました。ぜひ母を乗せたい。主人と一緒に(クルージング旅行を)できるといいですね」と笑顔で話した。