橋本健被告が今井絵理子議員の秘書に? 坂上忍が疑義

2018年10月31日 15時32分

坂上が不安の芽を指摘

 31日放送のフジテレビ系「バイキング」は元「SPEED」メンバーで自民党の今井絵理子参院議員(35)と元神戸市議の橋本健被告(38)の今後について検証した。

 橋本被告は政務活動費約690万円をだまし取った詐欺罪に問われ、29日、神戸地裁から懲役1年6月、執行猶予4年(求刑・懲役1年6月)の有罪判決を言い渡された。一方、今井氏との再婚については判決直後にもかかわらず「無関心なわけではない」とまんざらでもない発言をし、再び批判が巻き起こっている。

 橋本被告は有罪判決により、医師免許の一時停止など本業でも処分を受ける可能性がある。そうなれば、一時的に無職の状態となりかねない。

 MCの坂上忍(51)は橋本被告が食いぶちを失うことを前提に「これ変な話、執行猶予期間中に今井さんの秘書とかってどうですか?」と今井氏の秘書に就任する可能性に言及した。

 公設秘書の給料は税金でまかなわれ、2人が再婚したとしても、世間からブーイングを受けることは必至だ。

 番組では評論家が「自民党の中では身内が秘書をやるっていうことは批判の対象になる」と説明し、このシナリオに否定的な見方を示した。

 坂上は「この状況で橋本さんを特別秘書にしたら、また火に油を注ぐようなことになっちゃう」と常識の通用しない2人にクギを刺すように話した。