ロバート山本が絵本出版も「お題を出した」秋山が印税狙う

2018年10月29日 19時31分

左から秋山竜次、山本博、馬場裕之

 お笑いトリオ「ロバート」(山本博=40、秋山竜次=40、馬場裕之=39)が29日、都内で絵本「むちゃぶり かみしばい」(山本博著、文芸社)の出版記念イベントを行った。

 きっかけは山本が身分を明かさず、同社のえほん大賞に応募したこと。「秋山がむちゃ振りで考えたタイトルに合わせ、2週間で何とか書き上げたものをライブでやって、3年で20作品くらいたまった。これを何とかたくさんの人に伝えられないかなと思って応募した」という。

「絵なんて小学生以来、描いたことがない。異彩を放っていたのか連絡がきた。先方とお会いして初めてお笑い芸人だと明かし、本になることになった。でも、大賞の方は別にいて、何の賞でもない」と苦笑する。次回作は20周年ライブで披露する予定だとか。

 秋山は「あまり準備されるとうまくなってしまうので、ギリギリのところでお題を出す。そのタイミングが重要。お題を出したのは僕だし、ロバートという屋号も僕が考えたので印税を頂く」と山本をちらりと見ながらコメントした。