山田邦子 心不全で入院中の曙の壮絶闘病生活明かす

2018年10月23日 13時38分

曙(右)の近況を報告した山田邦子

 タレントの山田邦子(58)が23日、自身のブログを更新。元横綱の格闘家・曙(49)の近況を報告した。

 曙は昨年4月、プロレスの試合に出場するため福岡に滞在していたところ、体調不良を訴え、急性心不全と診断された。現在は都内の病院でリハビリを行っている。ベッドに横たわり、笑顔を浮かべる曙とのツーショット写真を掲載した山田は「特大のベット。やっぱり曙は、大きいなぁ。『おー、久しぶり~~』と曙スマイル。少し痩せた? 脂っ気が抜けてさっぱりしてハンサムだった(*’▽’*)」と再会を喜んだ。

 曙が倒れた際の緊迫した状況も伝えた。「AED電気ショックやったら呼吸が30分以上も止まって、一時は家族も、覚悟したって。危なかったね」

 一時の危機を脱したことに山田も安堵したが、曙の体調はまだ戻り切っていないという。

「今、普通に喋ってるけど最近の5年間ぐらいの記憶がまだ飛んだままだって奥様が教えくれました。『リングに立ちたい!』ってリハビリ、すっごくがんばってた!! まだ自力で歩けないけど足も動くし、握力もある。何しろ目に力があった」

 病魔の後遺症と戦いながらも、懸命の闘病生活を続ける曙。山田は「大丈夫。ちょっとずつ、ちょっとずつ回復してる」とエールを送り、盟友の回復を願った。