ダレノガレ明美 ハリウッド進出断念「英語が追いつかない」

2018年10月22日 22時00分

ダレノガレ明美

“今メガネのもっとも似合う各界の著名人”に贈られる「第31回 日本 メガネ ベスト ドレッサー賞」表彰式が22日、都内で行われ、モデルでタレントのダレノガレ明美(28)が出席した。

 ダレノガレといえば、8月19日放送の「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)で、来年から芸能活動を休止し、ハリウッド女優になるため渡米を決意したことを明かして話題になった。

 まずは来年にニューヨークの学校で2週間ほど語学を勉強し、その後に本格的な渡米する意向を告白。その後に出演したバラエティー番組でも渡米やハリウッド女優への夢を明かしていた。

 この日、囲み取材で報道陣から改めてハリウッド進出について聞かれると「ニューヨークに行きたいんですよ。ハリウッドじゃなくて。今、行き場所に悩んでて、何ならスイスに行こうかな。南米とかに行こうかな」とハリウッド進出に早くも尻込みだ。

 夢の一時断念について「英語が追いつかない。『日本人の顔をしてないから、ネイティブ(くらい英語を)しゃべれないと出られない。オーディションにも受からない』と言われて。行けるとしても、ヘタしたら5年後か10年後かな…」と計画を大幅に修正する決断に至ったようだ。

 また、授賞式のスピーチでは「週刊誌に撮られる時は毎回、サングラスをかけて撮られています」と自虐コメント。それでも「次に週刊誌に撮られる時も、サングラスをかけて撮られたいと思います」と笑わせた。続けて「今は何もないですよ。撮られることも全然ない」とフリーを強調した。