豊川悦司 朝ドラ「半分、青い。」秋風先生のポーズで大サービス

2018年10月22日 21時34分

豊川悦司

“今メガネのもっとも似合う各界の著名人”に贈られる「第31回 日本 メガネ ベストドレッサー賞」表彰式が22日、都内で行われ、俳優・豊川悦司(56)、フリーアナウンサー・加藤綾子(33)、モデルでタレントのダレノガレ明美(28)、アイドルグループ「モーニング娘。,18」らが受賞した。

「芸能界部門」に選出された豊川は「メガネは大好きで、見ると、どうしても買っちゃうんですよ。どうしても自分の家にたくさん並べてしまう」とメガネ愛を熱弁。さらに「今日の受賞は、日本アカデミー賞をいただくよりもうれしく思います」とリップサービスで会場から大きな拍手を浴びた。

 豊川といえば、9月まで放送されたNHK朝の連続テレビ小説「半分、青い。」でロン毛にメガネの漫画家・秋風羽織を演じ、話題を集めた。受賞理由の一つにもなったことで、豊川は壇上で秋風を想起させるメガネを着けて、ポーズを決める大サービス。会場からは再び歓声が上がった。