デヴィ夫人 離婚騒動の麻世とカイヤに関知せず「夫婦ゲンカは犬も食わない」

2018年10月18日 16時06分

丸山(左)をベタボメしたデヴィ夫人

 タレントのデヴィ夫人(78)、元サッカー日本女子代表でタレントの丸山桂里奈(35)が18日、都内で行われた「Booking.com Traveler of the Year表彰式」に出席した。

 旅行好きの丸山は思い出の写真として、米国で当時の彼氏に撮影してもらった一枚を披露。「2010年か11年、アメリカの独立記念日にフィラデルフィアで撮った。シャッターを押したのは、一緒に旅行に行った当時の彼氏。これ、どこの建物かな。よく覚えていないけど」と苦笑した。

 2011年といえば、ドイツ女子W杯で米国を下し、劇的な優勝を飾った。「今は彼氏がいない。探したい」という丸山は、そのころが公私ともに絶好調だったようだ。

 そんな丸山はデヴィ夫人を「目には見えないけど、人間の中にはいないくらいの突き抜けたオーラを感じる」と大絶賛。対する夫人も「なでしこが活躍したころは日本が一つになった。我々の誇り。彼女はそのなでしこで活躍していたのに、いつの間にかバラエティー番組で隣に座り、面白い発言をする大変ユニークな方。素晴らしい」と丸山をベタボメした。

 ここまでは終始笑みをたたえてご機嫌だった夫人だが、離婚騒動の渦中にある川崎麻世(55)とカイヤ(56)の話題になると「昔、ひどい目にあったので、お2人のことには一切関知しない。夫婦ゲンカは犬も食わないと思う」と斬り捨てた。

 また、夫人は「契約上の問題」を理由に、17日のさいたまスーパーアリーナ公演を開演30分前に急きょ中止にした歌手・沢田研二(70)について「契約だ何だというが、ファンの皆さまを失望させるのはお金の問題ではない。私にはよく分からない」とコメントした。