• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 「上原さくら離婚騒動」をほくそ笑む女芸人

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「上原さくら離婚騒動」をほくそ笑む女芸人


 他人の別離は蜜の味――。互いの醜聞暴露に録音テープ流出など、タレント上原さくら(35)と実業家・青山光司氏(40)の「ドロドロすぎる離婚騒動」を見て、ほくそ笑んでいる女芸人がいた。お笑いコンビ「クワバタオハラ」の小原正子(37)だ。「いくらなんでも不謹慎だ!」などと軽々しく言ってはいけない。実は小原と泥沼夫婦の間には、聞くも涙の深~い事情があったのだ。

 小原の事情に触れる前に、上原と青山氏の離婚騒動をおさらいしておこう。

「もう見ていられないですよ。周りの人間もどんどん引いています」

 上原と親交のある人物によるとこの夫婦、あらゆる場面で衝突し合って、もはや修復不可能どころか、互いに憎悪の塊と化しているようだ。

「慰謝料5億円」を平然と要求する上原と、「あんな女に一銭も払うつもりはない」と突っ張る青山氏。ドラマでもここまでは描かないというほど激しくドロドロだ。

 ついには、週刊誌上で互いに醜聞を暴露合戦。「週刊文春」では上原が青山氏に罵倒され、自殺未遂したという話や、脱税疑惑に関する記事が掲載された。上原本人の告発記事ではないが、本紙既報通り、上原もしくは周辺人物が出版社に直接リークした自作自演である可能性が高い。

 青山氏も負けちゃいない。上原が夫の“殺害計画”をうれしそうにしゃべる録音テープを公開。そこには「完全犯罪で殺したいと思う。崖から突き落としたい」など、シャレにならない言葉も飛び出している。

 テレビ関係者は「今回はエグすぎて視聴者も冷めている。“どっちもどっち”」と話す。

 こうした状況を見てほくそ笑んでいるのがクワオハの小原だ。関係者が証言する。「実は、小原さんは青山さんと一時付き合ってたんです。そこに上原さんが割って入り、カレを略奪。青山氏も小原さんをポイ捨てし、上原についていってしまったんですよ」

 コトの発端は青山氏も同席した2009年10月。よりによって小原の誕生日パーティーだった。そこには同じホリプロ所属で親交のあった上原の姿もあったのだ。

 芸能プロ関係者は「なぜか上原さんはウサギの着ぐるみ姿でやって来たんです。あのビジュアルですから、小原さんより目立っていましたよ。当時、彼女は前夫のアパレル会社社長と離婚秒読みでした(09年11月末に離婚発表)」と明かす。

 上原の“KYぶり”に周囲も顔をしかめていたが、1人だけ目を輝かせていたのが青山氏。

「小原さんと付き合っていたのに、パーティーでは吉川ひなのさんや上原さんを口説きまくっていました。ひなのさんには相手にされませんでしたが、上原さんとはうまくいった。その後、小原さんと別れて上原さんと交際を開始。翌年12月にスピード結婚したのです」(同関係者)。いくら男運のない小原とはいえ、これにはブチ切れ。この一件以降、上原を毛嫌いしており、某バラエティー番組では「信じられないタレント」を聞かれ「U!」とイニシャルながら上原を名指ししたほど。

 それだけに今回の泥沼離婚騒動を、小原が「ざまあみろ!」と思うのもやむを得まい。別の芸能プロ関係者は「ホリプロもそこまで上原さんを守らないのは、小原さんとの一件で彼女の性格の悪さを聞いているからだと思われます。小原さんも『それ見たことか!』と高笑いでしょう」と話す。

 現在、上原は「精神的な理由」で関東圏の病院に入院中。青山氏は懲りずに妻への“爆弾投下”を再び行う準備に入っているという。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GI全日本選抜競輪】中川誠一郎が2回目のGI制覇
残り1周を果敢に逃げた中川誠一郎が、2016年4月静岡ダービー以来2回目のGI制覇を成し遂げた!

【緊急連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!