志村が認めた「変なおじさん」後継者

2013年03月06日 11時00分

 お笑い界の大御所・志村けん(63)が、「変なおじさん」の“キャラ使用権”を意外すぎる芸能人に与え、大騒ぎになっている。

「『変なおじさん』は、志村の“登録商標”と言っても過言じゃない。芸人なら誰もが欲しいキャラ。今回のお墨付きは、志村に確認を取らなくてもバラエティー番組などで自由に『変なおじさん』になることができるというもの。鉄板のお笑いネタだけに、芸人たちはみんな志村にこびを売って狙っていた」(事情通)

 20日に誕生日を迎えた志村だが、実はその前から、1つ年を取ったら、「変なおじさんに関するキャラ使用」のお墨付きをあるタレントに与えると話していたそうだ。

 これには業界も「誰なんだ?」と興味津々。その時点で、圧倒的有利と言われていたのが、志村の寵愛を受けている「ダチョウ倶楽部」の上島竜兵(52)だった。ある放送作家も「2人は週4で飲みに行く仲。志村は芸がない上島をいつも心配していた」と証言する。

 ところが、だ。実際にお墨付きをもらったのは、誰もが予想しなかった人物だった。なんと、お笑いとはほとんど縁がないはずの菜々緒(24)だったのだ。

「いったい何で?」と業界がハチの巣をつついたような大騒ぎになったのは言うまでもない。

「百歩譲って、志村とずっとコントをやってる優香ならまだ理解できる。それがなぜ菜々緒なのか?」(放送作家)

 これは志村の下心なのか!?と思いきや、そうでもなさそう。事情通が解説する。

「菜々緒は大のお笑い好き。昨年10月、フジテレビの『めちゃイケ』で『変なおじさん』に変身したのに続き、先日の『カスペ!志村けんのだいじょうぶだぁSP』(フジ)にもゲスト出演しコントをやった。本人はモデルよりもお笑いが好きと公言し、志村はそんな菜々緒の才能に驚いて、育てたいと思ったそうだ」

 股下85センチの超絶プロポーションを持つ“女・変なおじさん”誕生は間もなくだ。