三田佳子の次男が300万円納め保釈 無言で一礼

2018年10月09日 13時42分

保釈された高橋祐也被告

 覚醒剤取締法違反(使用)の罪で4度目の逮捕、起訴された、女優・三田佳子(77)の次男で職業不詳・高橋祐也被告(38)が9日、保釈保証金300万円を納付し、警視庁渋谷署から保釈された。

 この日、渋谷署の前には、報道陣とやじ馬など約50人が集結。午後0時21分、高橋被告は、黒いジーンズ、青いシャツ、紺色のジャケット、白いスニーカー姿で渋谷署から歩いて登場。髪はオールバック。表情から少し老けた印象だった。

 報道陣には3秒ほど一礼。問いかけには何も答えず、父親が運転する車の後部座席に無言で乗り込み、署を後にした。

 起訴状によると、高橋被告は9月9日ごろ、東京・渋谷区の自宅で覚醒剤を使用していたとしている。東京地裁が5日に保釈を認める決定をしていた。