パンサー・尾形が悲壮な決意「35年ローンをゲームをやり続けてまかないたい」

2018年09月28日 12時27分

mspoの寺田美絵代表取締役(右端)と写真に納まるお笑い芸人たち

 女芸人の横澤夏子(28)、お笑いトリオ「パンサー」(尾形貴弘=41、菅良太郎=36、向井慧=32)、お笑いコンビ「麒麟」(川島明=39、田村裕=39)、「和牛」(水田信二=38、川西賢志郎=34)が28日、都内で行われたモバイルゲーム向け新サービス「mspo」発表会見に出席した。

 同サービスはガンホー、吉本興業、サイバーエージェントが出資する合弁会社が提供する。ゲームをプレーすることで得られたポイントを、他社のポイントに交換可能で、アマゾンのようなネット通販にも使えるという。この日は、全員が100万円分のポイントをかけて人気ゲーム「どうぶつタワーバトル」に挑戦し、麒麟が勝利した。

 M―1で2年連続準優勝の和牛・水田は「今日は負けといて、mはmでもM―1で優勝する」と負け惜しみでコメント。麒麟・川島は「こんな不労所得、人生で初めて。さっき楽屋でギスギスしてしまい、裏で誰もひと言もしゃべらなかったが、僕らはM―1勝ってないのでここで勝ててよかった」と笑顔を見せた。

 麒麟・田村は「今月は給料が少なくて、マジでうれしい。嫁と子供が喜ぶ姿が目に浮かぶ。リアルにお金に困っている大西ライオン(38)と、キリンとライオンでゲームをやり込みたい」と話した。

 大西はぽっちゃり系グラドルうさまりあ(25)と結婚を前提にした真剣交際が明らかになっており、暇に任せてゲームで結婚資金を稼ぐことになりそうだ。

 また、パンサー・向井が「(尾形がミスして)これで2人組になるきっかけになった」とジョークを飛ばすと、尾形は「俺は100万円の価値しかないのかよ。でも、一生、パンサーについていくから」と、いつものごとく泣き顔で絶叫。「去年、35年ローンで家を買ったので、ゲームをやり続けてまかないたい」と悲壮な決意を語った。