香取、草なぎ、稲垣がレコード会社と接近!インスタに「We Join Warner Music Group family!!」

2018年09月28日 01時34分

香取、稲垣、草なぎの音楽活動が本格化?

 香取慎吾(41)が27日、自身のツイッターで「We Join Warner Music Group family!! Photo with Mr.Stu Bergen,Mr.Simon Robson,Mr.Kaz Kobayashi & Us.」とつぶやいた。インスタグラムには草なぎ剛(44)、稲垣吾郎(44)とワーナーミュージック・グループ インターナショナル・グローバル・コマーシャル・サービス部門CEOのスチュー・ベルゲン氏、ワーナーミュージック・アジアのサイモン・ロブソン社長、ワーナーミュージック・ジャパンの小林和之代表取締役社長兼CEOといった“ワーナーの重鎮”との写真を掲載した。

 香取ら3人は2017年にジャニーズ事務所を退所。同年9月、公式サイト「新しい地図」を開設し、ネットを中心に活動。今年3月にパラスポーツ応援チャリティーソング「雨あがりのステップ」、4月には香取と草なぎによる新ユニット「SingTuyo(しんつよ)」で「KISS is my life.」をデジタル配信した。

「雨あがりのステップ」は、ワーナーミュージック・ジャパンと作曲家の菅野よう子氏らの賛同の元で「新しい地図」として書き下ろされたオリジナル楽曲。同曲でワーナーミュージックと関係を築いた香取が「We Join——」と書いたことで、ファンの中にはレコード会社との契約を期待する声が多い。

 音楽活動を本格化させる意向の3人は単独ライブ開催に向け、オリジナル曲を大量生産するとみられる。ワーナーと手を組んでCDリリース、日本およびアジアでのコンサート開催など期待は膨らむ。近く、何らかの重大発表があるのだろうか。

関連タグ: