「ミス美しい20代コンテスト」グランプリは愛知の川瀬莉子さん 目標は“いつまでも愛される女優”

2018年09月27日 16時41分

グランプリの川瀬莉子さん

 大手芸能プロ「オスカープロモーション」が主催する「第2回ミス美しい20代コンテスト」受賞者お披露目記者発表会が27日、都内のホテルで行われ、グランプリに輝いた川瀬莉子さん(21)など6人の受賞者が登場した。

 愛知県出身の川瀬さんは、名古屋でモデルとして活動していたが、「上京したいと考えていた時に、ちょうどこのコンテストを見つけて挑戦しようと思いました」。当初からグランプリを目指していたが「実際に自分がグランプリと聞いた時は、『自分が?』という気持ちで、なかなか実感が湧かなかった。しばらく手が震えていました」と明かした。

 将来の夢は女優で、憧れはオードリー・ヘプバーン。「亡くなられた今でもすごく有名で、いろんな人から愛されている。私もオードリーさんのような、自分らしくステキな女優になりたい。彼女も20歳を超えてから(女優を)始められた。それでいま、こんなに有名なので、憧れます」

 この日は河北麻友子(26)、田中道子(29)、是永瞳(23)など、オスカー所属の先輩が祝福に駆けつけた。川瀬さんについて河北は「キラキラしてますよね。こんな時代が私にもあったのかな? まぶしいなと思います」。ヘプバーンが憧れという点は「すごい。もう世界を見てるんだな、と思います」と笑顔で話した。

 そのほか準グランプリを遠藤菜摘さん(22)、審査員特別賞を豊田百佳さん(22)、同じく審査員特別賞とmysta賞に吉倉菜美さん(24)、モデル賞を都筑千穂さん(22)、グラビア賞を鈴木佳奈さん(22)がそれぞれ受賞した。