平尾昌晃さん遺産騒動で三男が一転“貝”に トーンダウンのウラに兄弟会議

2018年09月27日 16時30分

この日は怒りを表さなかった三男・勇気

 作曲家の故平尾昌晃さん(享年79)の総額60億円ほどが見込まれる遺産相続問題で、平尾昌晃音楽事務所(以下、音楽事務所)と関連会社エフビーアイプランニング(以下、エフ社)の2社の株主総会が26日、都内で開かれた。

 この騒動では、平尾さんの3度目の結婚相手で2社の社長を務める50代女性Mさんが、社長就任の経緯に問題があったとして、平尾さんの三男で歌手の平尾勇気(37)が、Mさんの職務停止を求めて東京地裁に仮処分を申請し受理された。また勇気は、Mさんが遺産を不当に独占しているなどと主張。勇気とMさんが激しく対立している構図だ。

 この日の総会後に勇気側が会見を開いた。音楽事務所に関する仮処分の申請は維持することが明かされたが、勇気の代理人弁護士は「Mさんが(エフ社の総会で取締役に)選任されなかった。従って、裁判所に対する申し立ては取り下げを予定する」と報告した。

 つまり、Mさんはエフ社社長の職から事実上、解かれた格好だ。

 一方、勇気は前日とは打って変わり、この日の会見では心境を語らなかった。その理由は「兄弟で話し(この会見では)個人の心境の話をするのはやめようとなった」とバツが悪そうに説明した。

 勇気は前日の会見でMさんを「絶対に許さない!!」などと強烈に非難していたが、一夜明けた会見で“貝”になり、一気にトーンダウンした。

「今回の騒動では勇気が暴走気味と指摘されている。この姿に困惑した次男が総会前に開いた“兄弟会議”で勇気をなだめたようだ」(ワイドショー関係者)

 次男はMさんに代わってエフ社の社長に就任することが総会で決まった。草葉の陰から見守る偉大な父親を悲しませないためにキーマンとなるのは、この次男になりそうだ。