さや姉プロデュース・NMB研究生公演スタート「夢は逃げない」など16曲披露

2018年09月26日 21時42分

山本彩プロデュース公演に登場した研究生ら

 アイドルグループ「NMB48」の山本彩(25)がプロデュースした研究生公演「夢は逃げない」初日が26日、大阪市のNMB48劇場で行われた。

 10月27日に卒業コンサート(万博記念公園)を控える山本が、グループの成長を願って手掛けた研究生公演。メンバー選考やセットリストの決定など、自身のこだわりを詰め込んだ。

 公演前に円陣を組み、山本から「頑張って」と送り出されたという初日メンバー16人は、山本が作曲した「夢は逃げない」を含む16曲を披露。ファンの声援に応えた。

 山本とは同曲の振り入れの際にも顔合わせしたそうで、小林莉奈(17)は「私たちが振り付けの覚えが悪かったりするので、彩さん自身が覚えて教えてくださった。支えてくれて本当にすごいと思った」と感謝した。

 また、同曲には山本の「頑張れ」という声が挿入されている。センターを務めたドラフト3期生の大田莉央奈(15)が「この曲を初めて聞いた時、自分の背中を押してくれているような、今の自分やこれから先の自分と重なるところがありました。彩さんが今まで背負ってきたものも感じました。『頑張れ』って言葉を聞いて、すごい心に刺さりました」と感想を述べると、塩月希依音(12)も「彩さんが29人の研究生のために作ってくれた曲。一生私たちの思い出の曲になると思うので、ずっとずっと大切に歌わせていただきたい」と山本の魂を受け継いでいくことを誓った。

 プロデュース公演初日は大盛況に終わり、山本は「本番を迎えて、前半は緊張している様子で動きが硬いなとか、リハーサルの方が良かったなという部分もあったんですけど、後半になるにつれて、自分たちのペースもつかんできて、どんどん動きも表情も良くなっていったなと感じました」と後輩たちに合格点。

 続けて「私はもうすぐ卒業するんですが、NMB48に最後に少しでも私の愛と思いと魂を残していきますので、メンバーとファンの皆さんで大切に、そしてグループを盛り上げていってほしいなと思います。これからもよろしくお願いします。ぜひ見にきてください。『頑張れ!』」とコメントを寄せた。

関連タグ: