田中圭の24時間年末生ドラマは「おっさんずラブ」続編か!?

2018年09月27日 04時00分

田中圭

 おっさん同士の恋愛ドラマ「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)で今年大ブレークした俳優・田中圭(34)が年末、丸1日ブッ通しでドラマを撮り、その撮影の模様と完成作品をネットテレビ局「AbemaTV」で生配信することになった。

 放送は12月15日午後9時からで、題して「田中圭24時間テレビ」。2分ほどの1シーンを1時間かけ23シーン撮影し、その編集後映像に続く24シーン目のラストは生ドラマにするという。企画・演出担当の放送作家・鈴木おさむ氏(46)と、田中も出演した連ドラ「東京タラレバ娘」(日本テレビ系)の原作漫画家・東村アキコ氏(42)が共同で脚本を書く。

 26日に都内で行われた合同インタビューの席上で、この企画内容を初めて聞かされた田中は「(今の)率直な気持ちですか? いやぁ~(仕事を)受けなきゃよかった」と渋い顔。脚本担当の2人にも「最悪のドSコンビ」と毒づき、「ハードルたけぇ~」とボヤきつつ、やる気は満々なようだ。体力的な自信も「残念ながらあるんですよねぇ」とニヤリ。

 田中は本人役で主演し「話自体はフィクションで、ファンタジードラマ。いろんなことを演じさせて、圭君のポテンシャルを表現したい」と鈴木氏。ゲストは各シーン1人、計24人登場予定で「基本、人見知り」な田中は共演したい一人に「おっさんずラブ」のあの人を指名した。

「できれば知ってる人、来てほしいな。それこそアレですよね。お芝居うまくて、僕が知ってる人で、やっぱ頼りがいがあるとかなると、それこそ吉田鋼太郎さんとか。それこそ先輩なんだから『出ろよ!無理しろ!』みたいな。やっぱそこら辺の先輩たちの胸を思いっきり借りて、で、やっぱ先輩たちが来たときには僕よりもすげ~長ゼリフ言って(もらって)、『カッケ~!』って言お~っていう…」

 鈴木氏は「そういうのもあるかもしれないっすねぇ」と含みをもたせ、「なるべく最初のほう(の共演者)はねぇ、知ってる人がいいでしょうね。(田中の話を)聞いてるとリアルに思いました」とのことだから、ドラマ前半は「おっさんずラブ」の続編っぽくなるかも!?