デーモン閣下が広島戦で始球式 カープもたつきも「気を引き締めるいい機会」

2018年09月22日 14時16分

始球式を行ったデーモン閣下

 広島県のがん検診啓発特使を務めるデーモン閣下(10万55)が22日、マツダスタジアムで行われた広島―阪神戦の始球式に登場した。

 赤と黒の羽根飾りのついた帽子に赤色のカープTシャツを着てマウンドに上がり、投じたボールはノーバウンドのストライク投球で捕手のミットに収まった。

 6回目の始球式に閣下は「気持ちいいですね。今日は特にいい天気だったので」と振り返り「今日のが一番いい球かもしれない」とニンマリ。

 今年の広島の戦いについて、新井貴浩内野手(41)の引退発表前後に「急激に失速してマジックがちっとも減らなくなって」とぼやきつつも「後半にきて、ちょっとここでもたついているのは皆が気を引き締めるいい機会なのかな」と冷静に分析した。