“三刀流”女性ボクサー・郷司利也子が2年ぶり復帰 山根前会長について聞いてみると

2018年09月21日 16時30分

プロボクサーでタレントの郷司利也子

 プロボクサーでタレントの郷司利也子(36)が20日、所属する神奈川県の川崎新田ボクシングジムで公開練習を行った。

 ボクサーと並行しグラビアなどタレント活動も行っている郷司は、25日の「ガッツファイティング」(東京・後楽園ホール)で内藤チサ(20)と対戦する(女子48・5キロ契約、4回戦)。腰などを痛め休養していたため2016年9月以来、約2年ぶりの試合となる。

 だが、郷司は「もっと緊張するかと思ったんですけど、いつもより穏やかです。考え方を変えました。勝ちとか負けとか考えるのをやめて、自分の思い描いていたことをやり通そうと」。今までとはマインドを変え、試合に臨むつもりだ。

 現在C級の郷司は、この一戦に勝てばB級に昇格し、日本タイトルに挑戦できる。念願のチャンピオンも視野に入ってくるが「あと1回勝てば、(王座挑戦を)言おうかな」と静かなる闘志を燃やした。

 度重なるケガに加え、36歳とベテランの域に達したが、それでも現役を続けるのは、とにかくボクシングが好きだから。タレントとして女子ボクシングのPRにも期待がかかっており「やめて後悔したくないからやめられないのかな。微力ながらでもボクシング界に貢献できたらうれしい」。

 郷司はプロだが、今夏はアマチュアボクシング界が揺れに揺れた。山根明前会長について聞いてみると「まったく分からないです。アマの選手も純粋に好きでボクシングをやっているのは同じなので、(この騒動は)心苦しかったです」と吐露した。

 ボクサー、タレントに加え不動産会社の事務の仕事もしている郷司は、二刀流ならぬ“三刀流”だ。「彼女はすべてにおいてまったく手を抜きません。大きな口は叩きませんが、ボクサーとしてもタレントとしてもトップを本気で狙っています。もちろんOLとしても常に一流を目指しています」と芸能関係者。

 この日も夜に練習した後、会社に戻って仕事をこなした。すごいバイタリティーだ…。