樹木希林さん 本木らに見送られ自宅から出棺

2018年09月18日 11時30分

樹木さんの出棺を見送る(右から)孫のUTA(内田雅樂)、本木、浅田美代子、孫の玄兎君、伽羅

 15日に死去した個性派大女優・樹木希林(きき・きりん、本名・内田啓子)さん(享年75)の遺体が17日に自宅から出棺、斎場で荼毘に付された。

 希林さんの遺体を納めたひつぎが出棺する2時間半ほど前、「時間ですよ」で共演した大御所タレントの堺正章(72)が弔問のため自宅を訪問した。

「安らかなお顔だった。何もないところから形をつくっていくということをエネルギッシュにやっていた。すごい女優さんになると思っていた」

 また、常に希林さんに付き添った女優・浅田美代子(62)は「ほとんど毎日そばにいさせてくれて感謝している。身をもって死と向き合い、最後の最後までしっかりしていた。(希林さんは)母であり、姉であり、親友でもある」とコメントした。

 ひつぎは、この日の午後1時半過ぎ、本木らによって、自宅から霊きゅう車へ運び込まれた。本木の長男でモデルのUTA(うた=内田雅樂)、長女で女優の伽羅(きゃら)、次男の玄兎(げんと)君らの姿もあった。

 霊きゅう車の助手席には、希林さんの長女で本木の妻の女優・内田也哉子(42)が位牌を手に乗車。本木は手を合わせ、霊きゅう車を見送ると、報道陣に向かって深々と一礼し、別の車に乗って後を追った。

 自宅前には報道陣約40人が集まったが、本木や也哉子らからのコメントはなし。代わりに本木の事務所のスタッフが対応した。

「斎場では、本当に簡単なことを済ませた。遺体は、午後2時過ぎに焼いた。本木さんは、ちょっとガクッとしていた様子だが、毅然としていた。也哉子さんの方が涙を流していた。親との時間が少なかったからでは…」(同スタッフ)

 斎場には、浅田や本木夫妻らに加え、事務所関係者、希林さんの友人ら約30人が出席したという。本葬(喪主・也哉子)は30日午前10時、東京・南麻布の「光林寺」で行われる。