生島ヒロシ 次男・翔とイベント共演「ウチの息子はニューヨーク大学を主席で卒業した!」

2018年09月17日 19時57分

イベントで次男・翔(左)と共演した生島ヒロシ

 元TBSアナウンサーの生島ヒロシ(67)が17日、都内で行われた新時代のラジオ体操「おはようヒロシ体操」のDVD発売記念イベントに出席した。

 これはパーソナリティーを務める「生島ヒロシのおはよう一直線」(TBSラジオ)の放送20周年を記念した特別企画。ダンサーで俳優の次男・生島翔(33)が振り付けを担当し、2人で体操の実演とDVDの即売会を行った。

 生島は「ラジオ体操はNHKにしかない。それなら民放初のラジオ体操をやってもいいのではと提案したら、恋ダンスがヒットしたTBSがまんまとだまされて乗ってくださった。それで、せっかくなら翔君を入れようと思った」と説明する。

 翔は名門ニューヨーク大でダンスを専攻。飛び級で卒業した秀才で、卒業後は米国でダンサーとして活動し、現在は日本で俳優として少しずつ頭角を現し始めている。

 今秋は「下町ロケット」(TBS)、「ドロ刑」(日本テレビ)と立て続けに連ドラに出演予定。「下町ロケットは受付の一番近くに座っている営業マンで、残念ながらセリフは全くない。でもドロ刑はバーの店長役で、しっかりセリフがある!」とアピールした。

 続けて「皆が楽しめるサンバっぽいものにしようと考えた。股関節、肩甲骨がほぐれるような動きを取り入れている。セカンド、サードバージョンと年々やっていきたい」と意気込んだ。

 一方、生島は「ウチの息子はニューヨーク大学を主席で卒業した。出演の際はぜひとも見ていただきたい」と“親バカ”丸出しで集まったファンに呼びかけると「毎朝スタジオで踊っている。ボヤッとしていた体が目覚め、元気になるので一日の生活の質が変わる。カツゼツが圧倒的に良くなる。健康寿命を長引かせることができると思う。今後は週末に出前イベントを考えている」と“親子営業”もにおわせた。

 生島は健康知識が豊富で、ライザップのCMにも出演している。「経験上、スクワットをやるのが一番痩せやすい。しかも、やりながらグーパーすると血圧が5から10低くなる。さらに舌を出すと認知症予防にも効果がある」と、とっておきのエクササイズを披露した。