樹木希林さん死去 関係者が自宅訪れ最後の別れ

2018年09月16日 20時16分

樹木希林さん

 女優の樹木希林(本名・内田啓子)さんが15日に都内の自宅で死去していたことが16日、分かった。75歳だった。

 樹木さんは2013年に全身がんであることを告白。その後も、転移するがんと闘いながら、女優業を続け、最近では第71回カンヌ国際映画祭で最高賞に輝いた映画「万引き家族」(是枝裕和監督)にも出演。スクリーンの中で静かに、、圧倒的に、存在感を醸し出す大女優だった。

 先月30日には、娘の夫で俳優の本木雅弘がイベント出演時に、樹木さんが8月下旬に一時、危篤状態であったことを明かした。その場で本木は樹木さんからのイラスト入りのコメントを公開。「細い糸1本でやっとつながってる 声一言もでないの しぶとい 困った婆婆です K.KIKI」とひょうひょうとしたキャラクターがイラストにも表れていた。

 訃報を受け、都内の自宅前には100人を超える報道陣が詰めかけた。自宅には関係者らが駆けつけ、樹木さんの死を悼んでいたという。

関連タグ: