【GirlsAward】吉岡里帆がトップバッター“大人かわいさ”で観客を魅了

2018年09月16日 15時54分

吉岡里帆

 女優の吉岡里帆(25)が16日、千葉・幕張メッセで行われた日本最大級のファッション&音楽イベント「Rakuten GirlsAward 2018 AUTUMN/WINTER」のシークレットゲストとして、自身初のランウェイトップバッターを飾った。

 吉岡はフジテレビ系ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」で主演・義経えみるを演じるなど、いま人気の若手女優。デニムジャケットにピンクのオールインワンを合わせ、メークはモデル仕様のセクシー風で“かわいい&大人っぽい”感じ。観客には当日まで知らされておらず、吉岡が登場すると大歓声が上がった。

 また、本紙連載「岡田紗佳のツモる話」でおなじみのプロ雀士でモデルという異色の肩書を持つ岡田紗佳(24)も「Bersha」ステージに登場。プロ雀士の“勝負師”としての殺気を隠して、見事なウオーキングでファンを盛り上げた。

 スペシャルMCにはお笑いコンビ「オリエンタルラジオ」藤森慎吾(35)が登場。「チャラ男こと藤森です~。今日は盛り上がっていきましょう~!」とチャラく盛り上げた。