小倉優子“年下大食いママ友”ギャル曽根との食事支払い方法を明かす

2018年09月14日 14時01分

映画の親子プレミア上映会に出席した小倉優子

 売れっ子ヘアアーティストの夫と昨春離婚し、エリート歯科医と再婚を前提に真剣交際中のママタレント小倉優子(34)が14日、都内で行われたNetflixオリジナル映画「ネクスト ロボ」の親子プレミア上映会に出席した。

 作品は人間とロボットの垣根を越えた友情を描き、家族や友人とのかけがえのない思い出の大切さを訴える。

 小倉は内容に合わせ「記憶を全部消していいなら、感謝もしているけど、こりん星を消したい。子供に『ウソは絶対ダメ』と教えているのに、6歳の長男にそのうち『ママもうそをついていたじゃないか』と言われるかもしれないと心配で」と話し、笑いを誘った。

 そんな小倉の親友は大食いタレントのギャル曽根(32)。「しょっちゅう電話するし会う。ママ友で仕事仲間。本当に信頼できる友達にめぐり合えたのは宝物」と仲の良さをアピールする。

 一緒に登壇したお笑い芸人の劇団ひとり(41)から「ご飯に行ったら大変でしょう。割り勘?」と尋ねられると「私はいろんなものをちょっとずつ食べられるのでうれしい。年上なので割り勘しようと言うが、仲がいいので毎回、話し合いをして支払いを決める」と話した。

 なお、この日は小倉が交際についてコメントすることはなかった。

 また、本作の吹き替え声優を務めたひとりは「犬の鳴き声に苦戦した。こんなにリアルを求めるなら、本当の犬を使えばいいのにと思った。それほどかなり細かく指示された。おかげでのどをつぶした。家で練習すると家族の視線が冷たく、近所迷惑にもなる。それで車を路肩に止めて車中で練習した。よかった、職質されなくて」とユニークなエピソードでイベントを盛り上げた。