りゅうちぇる タトゥー質問禁止で“失職危機”?

2018年09月11日 16時30分

イベントに出席したりゅうちぇる

 タレント・りゅうちぇる(22)が10日、都内で行われたスマートフォンゲーム「東京コンセプション」の発表イベントに出席した。

「東京コンセプション」は、人間と妖怪がタッグを組んで戦うアクションRPG。実際にゲームを体験したりゅうちぇるは「すご~い派手で、すご~いストレス発散になりそぉ~!」と絶叫。開発者と対戦し、見事勝利を収めると「僕、負けず嫌いなんでね、勝ってすっごいうれしぃ~!」と喜んだ。

 りゅうちぇるといえば先日、妻・ぺこと長男・リンクくんの名前のタトゥーを両肩に入れたことでネット上で大炎上。出演するイベントで「タトゥーに関する質問禁止令」が出されるなどの措置が取られる騒ぎになっている。

 炎上直後は「それなりに予想はしてた――」と明かしたうえ、「タトゥーへの偏見をなくしたい」「世の中を変えたい」との発言を連発したりゅうちぇるだが、これがまた火に油を注いでますます炎上。その結果、タトゥーに関する質問禁止令という異常事態に発展したのだ。

「大ミエを切って『タトゥーへの偏見をなくすために世の中を変えたい』という趣旨の発言をしておきながら、炎上したら逃げ回るからややこしくなった。タレントがセンシティブな主義主張をした場合、一定のリスクを伴うのは当然のこと。そのリスクから逃げ回っていては“炎上タレント”という評判がつきまとい、仕事をなくしかねない」(芸能関係者)

 この日もイベント終了後、囲み取材がセッティングされたが、りゅうちぇるの姿はなし。果たしてりゅうちぇるは、このままダンマリを続けるつもりなのか?