草なぎ 主人公の声優務めたアニメに男色ディーノ&桜庭和志らも“参戦”

2018年09月07日 13時16分

アニメーション映画「ムタフカズ」追加キャスト

 草なぎ剛(44)が主人公の声優を務めるアニメーション映画「ムタフカズ」(10月12日全国公開)に男色ディーノ(41)、桜庭和志(49)、所英男(41)らが参加することが7日、発表された。

 本作は日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞を受賞した「鉄コン筋クリート」(2006年)を手がけたSTUDIO4℃の創造性と映像のクオリティーに注目したフランスのコミック作家と制作会社ANKAMAが、同社にラブコールを送りコラボが実現した。

 犯罪者と貧乏人の吹きだまりと化したダーク・ミート・シティで生まれ育ち、さえない人生を送っていた主人公アンジェリーノ(通称リノ)がスーパーパワーに目覚めるというストーリー。そのアンジェリーノの声を草なぎが担当。柄本時生(28)、満島真之介(29)は草なぎと同居する3人組の声を担当する。

 豪華な顔ぶれに“乱入”してきたのがUFC殿堂入りした桜庭、“闘うフリーター”所、ゲイレスラーのディーノだ。桜庭と所は謎の黒服集団と闘う覆面レスラー集団役、ディーノはリノが捕らわれた秘密基地のガードマンの声を担当。リノが一目ぼれする天使のような美少女・ルナは声優の上坂すみれ(26)、フリーアナウンサーの福井謙二(64)はナレーターのほか、作品内でのニュース番組やプロレス実況の「覆面バッタ男」を務める。

 俳優、声優、格闘家、フリーアナと異色すぎるコラボ作が話題になりそうだ。なお、公式サイトで予告編が公開された。