酒に酔って知人に“脅迫電話”で逮捕 益若つばさら所属の芸能プロ社長の評判

2018年09月06日 16時30分

益若つばさ

 益若つばさ(32)や水原希子(27)も大ショック!? 多くの人気モデルが所属することで知られる芸能プロダクション「エイジアプロモーション」社長の村山俊彦容疑者(39)が5日、知人の40代の会社役員の男性を脅した脅迫の疑いで警視庁渋谷署に逮捕された。
 
 エイジアプロモーションは益若を筆頭に、若い女性に人気があるモデルが多数在籍。村山容疑者が代表を務める関連会社のエイジアクロスは、水原と国内業務提携するなど芸能界で大きなポジションを築いている。業界ではやり手で知られる村山容疑者が、なぜ逮捕される事態になってしまったのか?
 
 発端は5月に都内で行われた花火大会のVIP席でのモメごと。事情を知る関係者が明かす。

「村山社長が男性に『花火が見えないからどいてくれ』と言われ、村山社長が腹を立てたことがキッカケでモメ始めた。それでも喧嘩には発展せず、お互い帰った」
 
 だが、これで話は終わらなかった。

「村山社長は怒りが収まらず、男性の携帯電話に数十回も電話を掛け『さらってやるからな。とことんやってやるからな』と怒鳴って脅した。『俺は看板、背負っているから』と反社会勢力との関係をにおわす言葉もあったことで、大ごとになってしまった」(同)

 ちなみに男性は過去にAKB48に関わっており、ファンからもよく知られた人物。村山容疑者の電話を受けて怒り心頭となり、警察に相談した。

 渋谷署によると、村山容疑者は容疑を認めている。村山容疑者の素顔を知る人物は「昔は“ヤンチャ”していたことは有名な話だが、今は立場が下の人間にも腰が低く、芸能事務所の社長業をきっちりこなしていると見られていた」と明かす。だが、その一方で「酒癖が悪かった」との証言もある。今回も酒に酔った末の脅迫電話だった。

 事件にまったく関係はないとはいえ、益若ら所属タレントへの悪影響は避けられないだろう。

「こんな形でニュースになってしまった以上、所属タレントたちを使いづらくなったことは事実。益若以外にも売り出し中のタレントも多く、さすがに頭を抱えているでしょう」とテレビ局関係者は話している。