カンガルーも間違えちゃった!? なぜかオーストリアで出没騒動

2018年09月07日 16時30分

オーストリアの空港などで売られている人気のTシャツ(@vandormadar.eva/instagram)

“音楽の都”ウィーンを首都に持つオーストリアは、オセアニアのオーストラリアとよく間違われることから「オーストリアにカンガルーはいません」とプリントした自虐的なTシャツやグッズが、観光客の間で人気のお土産になっている。ところがそのオーストリアで今、謎のカンガルーが出没し、大きな話題になっている。
 
 英BBCなどによると、同国北部のキルヒシュラークという小さな町で、先週末から森や牧草地をピョンピョンと走り回る1頭のカンガルーが複数の住民に目撃され、動画も撮影された。通報を受けた地元当局は捜索を続けているが、まだ保護されていない。「冗談みたいな話だが、本当なんだ」と地元警察は戸惑った様子だ。
 
 当局は周辺の動物園やペットブリーダーなどに逃げ出したカンガルーがいないか問い合わせているが、情報は入っておらず「早く飼い主が名乗り出てくれることを願っている」と地元警察。カンガルーはオーストラリア大陸と近くのタスマニア島、ニューギニア島だけに生息する有袋類で、もちろん欧州には自然生息はしていない。

 BBCによると、動画を見た専門家は「おそらくキノボリカンガルーではないか」と推測。カンガルーの仲間でありながら樹上で生活する特異な生態を持ち、低い気温でも生息できるという。

 実はオーストリアでカンガルーが発見されたのは今回が初めてではなかった。2015年には隣国ドイツから逃げ出したペットが、国境を越えてやって来た例がある。人間だけじゃなくカンガルーもオーストリアとオーストラリアを間違えた?