“レディキス”アイドル文化広がるタイで躍進 BNK48にも「負けていられない!」

2018年09月05日 20時00分

「READY TO KISS」

「キスで世界を埋め尽くす」をキャッチフレーズに活動する7人組アイドルグループ「READY TO KISS」(通称レディキス)が5日、都内で5枚目シングル「タイに行きタイ」の発売記念イベントを開催した。

 新メンバーの春川桃菜(20)が加入した前作「成増になります」がオリコンデイリーチャート1位を獲得し、結成5年目にして勢いを増しているレディキス。今回もインパクトのあるダジャレタイトルで注目を浴びている。ミュージックビデオ(MV)の撮影はタイ・プーケットのビーチや街中などで行われた。

 過去に3度「JAPAN EXPO THAILAND」に出演した経験がある上、5月にはアジアツアーでタイ公演を成功させ、22日にもタイ・バンコクでワンマンライブを開催する。

 アイドル文化が成熟中のタイで知名度を急上昇させているだけに、上原歩子(20)が「タイの人にも聴いてほしいし、タイ語バージョンはないので、ゆくゆくは作りたい。観光大使もやりたい!」と意気込めば、千葉咲乃(28)も「タイに住みます! せっかくなので文化を吸収したい」とどこまでも貪欲だった。

 タイといえば、AKB48の海外姉妹グループ「BNK48」が大人気だ。清川麗奈(22)は「ライバルというのはおこがましいですけど、負けていられない! 日本のアイドル文化が広まっていると聞くので、もっともっとレディキスの名前も広まっていければ」と力を込めた。

 なお、10月17日にはグループ結成5周年を記念したワンマンライブを、東京・新宿BLAZEで開催する。