千原ジュニア セクシー女優だらけの番組収録に大満足

2018年09月05日 18時59分

収録に参加した千原ジュニア(中央)ら

 お笑い芸人・千原ジュニア(44)、お笑いトリオ「パンサー」尾形貴弘(41)らが5日、都内で行われた「セクシー女優だらけのオールスター感謝祭」の収録に臨んだ。

 セクシー女優のAIKA(28)、篠田ゆう(27)ら6人が参加し、演技力を競う「セクシーアドリブクイズ」など際どい企画が盛りだくさん。司会を務めたジュニアは「去年に引き続き、だらけの感謝祭がいよいよ恒例になってきた。地上波では見られない、古き良き、見どころしかない番組。1時間ではもったいないほどの撮れ高になった」と満足そうに語った。

 セクシー女優たちから、過激なセクシー攻撃を受けた尾形は「本当にいい番組」とニヤニヤ。続けて「僕は結婚して子供がいる。このご時世ではプライベートでは何もできないが、ここでは女性と絡める」と大きくうなずいた。

 収録では、セクシー女優ならではの珍エピソードも飛び出し、篠田は「レイプものの撮影で、叫びながら連れ去られるというシーンがあった。そしたら、叫び声を聞いた近所の人が本当に通報していた…」と告白。

 これにジュニアは「言うてることは、水曜日のダウンタウンのナダルと一緒やね!」と発言。TBS系「水曜日のダウンタウン」の連れ去り企画のロケで、目撃者から110番通報が相次いだ過去の騒動に触れて笑いを誘った。

 収録の模様はBSスカパー!で10月4日放送される。