「CYBERJAPAN DANCERS」今夏の思い出は「24時間テレビ出演」

2018年09月04日 18時18分

イベントに登場した「CYBERJAPAN DANCERS」の選抜メンバー

 セクシーダンスユニット「CYBERJAPAN DANCERS」の選抜メンバー4人(Kozue、Kanae、Karen、Natsune=いずれも年齢非公表)が4日、都内で行われた映画「ザ・プレデター」(14日公開)のPRイベントに出席した。

 このところメディア露出を本格化させた最先端ユニットだが、金髪のソバージュヘアに小麦色の肌は、オジサン世代には妙な既視感があるはず。

 1990年代に隆盛を極めた「ギリギリガールズ」「T―BACKS」のようなセクシーグループをベースに、小悪魔agehaのギャル要素とAKB48のアイドル要素を加え、E―Girlsのダンス風味に仕上げたという印象だ。

 Kanaeは「母がプレデターを大好きで、小さいころから見ていた。見た目は怖いけど、女性や子供には手を出さない紳士というか、男らしい面もあってすてき」とコメントした。

 今夏はDA PUMPと、ヒット中の「U.S.A.」でダンスコラボを仕掛けて話題を集めた。そのおかげで念願のテレビ出演も果たした。Kanaeは「24時間テレビに出演できたのが思い出になった」と笑みを浮かべた。