木村祐一 元NMB48高野祐衣のセーラー服写真に興味津々

2018年09月03日 20時19分

木村祐一(左)と高野祐衣

 お笑いタレントの木村祐一(55)が3日、京都市のよしもと祇園花月で行われた「京都国際映画祭2018」(10月11~14日)の開催概要発表会見に登場した。

 今年で5回目となる同映画祭は吉本興業が主体になり、映画だけでなく、アート作品の展示やその他多くのプログラムを京都市内で展開する。

 会見には、期間中上映される映画「POST 入ル」に出演する元NMB48メンバーの高野祐衣(24)が登壇。撮影には、京都市内の観光名所や実在する学校が協力しているそうで、木村は「何高校? 私立やった?」と反応。セーラー服をまとった高野が郵便ポストの上に座る映画の宣伝写真に食い気味に反応し「制服マニアやったらこれで分かるんやろうけどなぁ。我が母校の西京(商業高校)ちゃうんかなぁ」と興味津々だった。

 さらに、映画の中で高野とお笑いユニット「ザ・プラン9」のお~い!久馬(46)がラブシーンを演じることを知ると「チューとかはないの?」と質問。キスシーンで思い出したのか「昔、ドラマで神田うのの手の甲にチューしてくださいって言われて。『神田さん側はOKです』って言われたんですけど、俺(の気持ちは)はどやねん!」と思い出話をぶちまけ、笑いを誘った。