ブリちゃん「替え玉騒動」別人がCD収録

2013年02月23日 11時00分

 米歌姫のブリトニー・スピアーズ(31)が、別人にアルバムの曲を歌わせていたことを“告発”され大騒動になっている。

 

 ブリトニーは公演中のラスベガスのライブショーで口パクでごまかしていると報道されたが、なんと2011年のリリースアルバム「ファム・ファタール」の中の7曲は別人が歌ったという。

 

 ブリトニーの代わり歌ったのはマヤ・マリーさんで、父親のマーレイ・ラングストンさんが米芸能週刊誌「スター」に証言して発覚。マーレイさんによると「娘はブリトニーのために歌い、ブリトニーのように歌う技術を持っているのです」という。

 

 にわかには信じがたい話だが、マヤさんは同アルバムの中の7曲を歌い、1曲につき1000ドル(約9万3000円)だったと父親は証言しているという。

 

 父親の証言が事実なら7曲で63万円だからブリトニーの代役としては安すぎる?

 

 果たして真相は――。