コトリンゴ「大人のミニフェス」ライブ盤発売へ「ちょっと緊張しちゃうなあ」

2018年09月02日 23時07分

コトリンゴ

 歌手のコトリンゴ(40)らが2日、東京・池上本門寺で行われた音楽フェス「Slow LIVE」に出演し、ファンを喜ばせた。

 15回目を迎えた「Slow LIVE」。夏の終わりの風物詩で「大人のミニフェス」として知られる。8月31日から3日間行われ、この日はコトリンゴのほか、シンガー・ソングライターの大橋トリオ(40)、歌手の安藤裕子(41)らが出演した。

 大トリを務めた大橋が「雨が降らなくてよかったですね」と話すと、安藤も「台風の影響で予報では天気を心配したのですが、降らなくてよかった」と笑顔を見せた。

 近年、CMやテレビアニメ、映画のサウンドトラックなど多数の作品を手がけているコトリンゴは「悲しくてやりきれない」などを熱唱。さらに「先行で発表になっているのですが、今日のライブをCDにしていただくことになりました」と会場に詰め掛けたファンに報告すると、大歓声が沸き起こった。

 11月3日にCD「Slow Live at HONMONJI ~箱庭でピチカート~」が発売予定で「一緒にアナログ盤も発売されることになりました。ちょっと緊張しちゃうなあ」と話し、笑いを誘った。