EXILE AKIRAが芸名の由来告白 ネット上では「黒澤明から取った」だが…

2018年09月02日 18時02分

「EXILE」のAKIRA

 EXILE AKIRA(37)が2日、都内で初の自叙伝「THE FOOL 愚者の魂」の出版イベントを行った。

 誕生日である8月23日に出版された同書には、EXILE時代はもちろん、幼少時から加入するまでの、あまり明かされていなかった期間についても赤裸々につづられている。

 本当は神奈川・大和市出身だが、ウィキペディアには静岡・磐田市出身、また他のサイトでは神奈川・横浜市出身などと書かれているものもあり「ウィキペディアに勝ったということですね」と笑みを浮かべた。

 また、本名「黒澤良平」から芸名がAKIRAになった由来について、巨匠・黒澤明監督から取ったというのがネット上では定説だった。しかし「じゃないんですよ。黒澤明監督から取ったAKIRAなんて、恐縮すぎます」と否定した上で、静岡時代の友人が直感で付けたあだ名だと明かした。

 EXILEは6月、約2年半ぶりにステージにメンバーが集結。7月には新アルバム「STAR OF WISH」をリリースし、今月からドームツアーも開始する。AKIRAは「ぜひ新しいEXILEを感じていただけるんじゃないかなと思います」と、再始動したEXILEとしての活躍に自信を見せた。